ウェブサイトを制作する際は目の不自由な人に配慮しよう

altにきちんと画像の内容を記す

たくさんの人にコンテンツを読んでもらいたいと考えている人であれば、ウェブ制作を行う際、とても重要なことが一つあります。それは目の不自由な人に配慮するということです。

具体的にどのように配慮すればいいのかというと、たとえば、おしゃれなサイトを作ろうとする場合、文字をフォントではなく画像を使って表すことがよくあります。画像を使った方がきれいに表示できる上に、閲覧者の環境に左右されず、同じデザインになるので好まれているわけですが、この場合、alt属性と呼ばれる画像の内容を説明する情報をきちんと付加しなければなりません。というのは、文字を画像で表示してしまった場合、視覚に障害がある人が使っている音声ブラウザはそれを文字として認識することができないからです。altに、なんという文字が画像として記されているかを書き込めば、音声ブラウザはそれを読み上げるので問題がなくなります。

ウェブサイト上の文字は閲覧者が変更できるように

また、視覚障害者は目がまったく見えない人だけを指すわけではありません。弱視と呼ばれる、大きな文字であれば認識できるという人も含まれます。

そういう人は、ウェブサイト上で表示されている文字があまりに小さいと読むことができません。デザイン性を意識する人の中には文字をできるだけ小さく表示するために、CSSでそういう設定を行う人がいますが、せめて文字の大きさを可変できるようにしておきましょう。そうすれば弱視の人はブラウザの操作で自分が読める大きさに文字を拡大できるのである程度問題が解消されます。

コーディングとは、HPなどを作成する際に必要な画像や文字のデータを符号化することを指します。元々はソースコードと呼ばれるコンピュータプログラムの文字列を作成することを意味しています。